生命保険からお金を借りられる制度で金策

お金に困った時に誰にも迷惑を掛けたくない誰もが思います。そこで真っ先に頭に浮かぶのがカードローンでのキャッシングでしょう。しかし、カードローンでのキャッシングには簡単に利用できるだけのリスクもあります。

building_hoken_dairiten

「でも、リスクの少ないお金の借り方なんてあるの?」と思われている方、実はお得な金利で借りられる方法があるんです。それは、生命保険の「契約者貸付制度」というものです。もちろん利用できるのは生命保険加入者が条件ですが…。

その内容はといいますと、掛け捨てタイプの保険ではなく、終身保険や個人年金保険、学資保険といった解約した時に「解約返戻金」が支払われる積立タイプの保険が条件です。つまり、契約者貸付は解約返戻金を担保にしてお金を借りるというものなんです。

貸し付けてくれる限度額は、一般的に解約返戻金の70~90%と言われています。しかも、貸付利率は保険会社によって変わりますが、現在は3%前後で借りることが可能です。カードローンなどでお金を借りることを考えればかなりお得にお金を手配することが出来ますね。

自分も始めは、このような制度を知りませんでした。このような条件に当てはまってる方には目から鱗の制度ですね。

参考ホームページ:契約者貸付制度について|アフラック(http://www.aflac.co.jp/keiyaku/contractor/loan.html)

初めてキャッシングはドキドキの連続

私の両親は、人からお金を借りる事を全くせず、自力で何とかお金の工面をしていました。その両親を傍で見て育った私も、人からお金を借りる事に抵抗を感じるようになっていたのです。

成長した私は就職を果たし、親元を離れる事となりました。親元にいる頃はお金の管理を親がしてくれていたので、私はお金の管理の仕方を良く知りませんでした。そんな人間がいきなり一人暮らしを始めてしまいましたから、お金があっという間に無くなってしまったのです。給料日まであともう少しと言う所でお金が無くなってしまい、まともに生活が出来なくなってしまいました。

komatta_man

そこでやむを得ず、キャッシングでお金を借りる事にしたのです。キャッシングでお金を借りるのはこれが初めてでしたから、何だか悪い事をしているようで、胸の動悸が収まりませんでした。本当にお金が借りられるのか心配でしたが、審査も問題なくパスをして、無事希望の額のお金が借りられました。

このお金のおかげで、私は給料日まで何とかつなぐ事が出来たのです。借りたお金は給料日に全額返済をして、私のキャッシング初体験は無事終わりを遂げました。お金を借りることを繰り返してはいけないですが、お金に都合がつかなくなった時は無理をせず借りて、計画的に返せば怖くないものだと思います。