キャッシング前に見直したい住居費と医療費

出費の中で大きな割合を占めるのが住居費です。賃貸住宅などに住んでいて、家賃の支払いが大きい場合は、公営住宅への引っ越しを考えましょう。例えばUR賃貸住宅は礼金などの手数料も必要ありませんし、保証人も不要です。

bg_outside_jutaku

また、住んでいる場所から職場までが遠ければ、家賃の低い雇用促進住宅に住み替えることも可能です。雇用促進住宅は、一人暮らしの場合でも、家族がいる場合でも利用できます。利用するためには条件があったり、希望者が多い場合は抽選になったりすることもありますが、毎月確実に必要な住居費を押さえることができるのでおススメです。公営住宅でも新しいところや、住みやすいところも多いので、一度検討してみて下さい。

また、病気があって医療費が負担になっているという場合は、無料低額診療を実施している病院があります。経済状況に応じて医療費の支払いが少なくなったり無料になったりしますので、済生会病院など無料低額診療を実施している病院の相談窓口に相談してみましょう。医療生協の運営する病院は、個室料や入院時の預り金を取らない、保証人がいなくても入院できるなど、経済的に困難な病人への対応が手厚く、福祉相談なども充実しています。

金策として重要なポイントとは?

現在消費者金融は自動契約機で申し込むとその場でカードが発行されてすぐお金を借りる事が出来ますし、Web完結で手続きが出来るので申し込みから借り入れまでがパソコンやスマートフォンだけで出来てしまいます。そのため融資スピードが優れていて利便性も高いので金欠の状態になった時は消費者金融でキャッシングする事を考えてしまう人が多いです。しかし、消費者金融は金利が高く設定されているので借り過ぎてしまうと借金が膨らんでしまい場合によっては債務整理をしなければならない状況になってしまう場合もあります。

金欠の状態になってしまうのにもいろいろな原因がありますが、主な原因は何でも定価で購入してしまうという点です。日用品を購入する時はスーパーやコンビニになりますが、コンビニは定価で売っているものがスーパーでは10~20%安い金額で売っている事もよくあります。そのため日用品がスーパーで買い物をして節約する事が大切です。

cooking_ryouri_kyoushitsu_kids

日用品とともに食事に関しても金欠になってしまう原因があります。特に飲食店で外食する事が多い人は出費も多くなってしまい金欠になりやすいです。そのためスーパーで食材を安く購入して自炊をするようにすると大幅に節約をする事が出来ます。このように何でも定価で購入しないというのが金策として重要なポイントになってきます。

アルバイトでも、よい印象をつけるとお金を借りられます

アルバイトで生活している以上給料が少ないのは当然で、日々のアルバイトをしていてもなんとか生活しているというのがフリーターの生活でしょう。しかし、お金が無いのに人間の欲求はそんなときでも減ることはなく、欲しいもの、やりたいもの、食べたいものは次から次へと出てきます。我慢出来るものは我慢すべきですが、どうしてもお金が必要なときはキャッシングに頼りたくなる時もあります。でも、フリーターである以上、審査が通るかどうかは微妙なところ。そんなとき、審査に通りやすいと思われる方法をご紹介します。

job_shinadashi_woman

キャッシングというと親切な言葉が並ぶ広告が印象的ですが、キャッシング会社だって仕事としてやっている以上、返す見込みのない人に貸すことは絶対にありません。お金を借りる為の条件があるのです。なので、審査を受けるときはできるだけ前向きな印象を与えることが重要です。もちろん身なりを整えておくのは当たり前、うすうごれた格好ですとそれだけで印象がわるくなってしまいます。

そしてフリーターだったとしても、しっかりと収入があることをアピールしておくことがなにより重要です。収入が少なくても、確実に入る収入があることを印象付けなくてはなりません。これができないと絶対に貸してもらえることはないでしょう。もちろん、借りたら返済期限までに返すのは当たり前。これができないと二度と貸してもらえることはないので注意しましょう。